« ツーマン時代の都電荒川線 | トップページ | ツーマン時代の都電荒川線(その3) »

2012年1月12日 (木)

ツーマン時代の都電荒川線(その2)

熊野前~宮ノ前間、熊野前電停に近い場所です。熊野前陸橋も日暮里・舎人ライナーもない時代です。

7087です。

Fh0200065

こちらは宮ノ前電停です。安全地帯はなく、道路に白線で電停が表示されていました。まだ道幅が狭い時代です。

なお、この付近を「道路拡幅により専用軌道化された」と記述しているサイトがありますが、緊急自動車が通行できる構造になっており、あくまでも併用軌道の位置づけですのでお間違えなきよう。

Fh0200073



« ツーマン時代の都電荒川線 | トップページ | ツーマン時代の都電荒川線(その3) »

都電荒川腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1604191/43714486

この記事へのトラックバック一覧です: ツーマン時代の都電荒川線(その2):

« ツーマン時代の都電荒川線 | トップページ | ツーマン時代の都電荒川線(その3) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト