« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

一球さんを追って(その8)

ライトグリーン時代の6152、今日は三ノ輪橋での撮影分です。

バラの花に囲まれて。

Fh0200062

Fh0200072

Fh0200082



2012年2月28日 (火)

一球さんを追って(その7)

今日もライトグリーン化以後の6152です。

車掌さんの乗務風景です。梶原にて。

Fh0200012

Fh0200022

車内の様子。蛍光灯が変わったことに注意。

Fh0200033

王子駅前~飛鳥山間、進行方向後方の風景です。

Fh0200052




2012年2月27日 (月)

一球さんを追って(その6)

色合いが暗すぎるとの声を受けて更新修繕の際、緑色が明るく塗り直された6152です。

私個人としては今度は明るすぎるような気がしていました。

今日は荒川車庫での撮影分です。

Fh0100262

Fh0100272

Fh0100292

本線へ出て行くところです。旧庁舎もなつかしい。

Fh0100302

Fh0100312

Fh0100322






2012年2月26日 (日)

一球さんを追って(その5)

今日は大塚駅前付近を中心にお送りします。

大塚駅の北口側です。

Fh0300073

山手線205系とのクロス。

Fh0100173

大塚駅前~向原間。石畳と溝付レールの残る勾配区間にて。

Fh0300083

こちらも同じ場所。後方は大塚駅です。

Fh0100163

都電には週刊文春が欠かせません。このタイプの系統板をつけて走ったのは意外と少なかったようです。下の二枚は早稲田にて、写るンですで撮影。

Fh0100033

都電荒川線全区間が入った横サボです。

Fh0100023



2012年2月25日 (土)

一球さんを追って(その4)

今日は飛鳥山と新庚申塚の画像です。

飛鳥山の歩道橋から撮影しました。

Img00513

Img00523

Img00533

飛鳥山付近の併用軌道を走行中の車内の様子です。写るンですで撮影。

Fh0100044


こちらは新庚申塚。石畳がまだ残っていました。

Img00453


2012年2月24日 (金)

一球さんを追って(その3)

今日は荒川車庫での撮影分、他の車両との並びをお見せします。

7022との並び。今リバイバルカラーでこの塗装になっていますが、色合いが少々違うような気がします。後方は7011です。

Img00493

7505との並び。

Img01393

左から7024、7019、6152。ここから下三枚の写真は写るンですで撮影。

Fh0100073

Fh0100083

営業所の窓に映る7019と6152。

Fh0100093

こちらは8501との並び。左は7503です。

0001042

2012年2月23日 (木)

一球さんを追って(その2)

今日もダークグリーン時代の6152です。

荒川車庫で撮影した画像です。後方は7011です。

Img00483

写るンですで撮影。ファインダーがきわめてアバウトなので厳密な構図の写真は無理です。

Fh0100103

都電の系統板には週刊文春がやはり必要です。

0001143

本線上に出たところを撮影。これも写るンですで撮影。

Fh0100063

入庫シーン。自動車が被って残念。

Fh0300143_2

こちらは入庫後です。後方は8501です。

0000833_2

2012年2月22日 (水)

一球さんを追って

今日から6152にスポットを当てていきたいと思います。

最初はダークグリーン時代の6152です。

三ノ輪橋にて。写るンですで撮影。

Fh0100013

以下、宮ノ前付近です。

0000853

0000873

Fh0300123

Img00463

Img00543


2012年2月21日 (火)

8500形登場の頃(その10)

今日は8504、8505の紹介です。

荒川車庫で8504、6152の並びです。奥は左から7016、7506です。

Img03763

8505の写真を2枚掲載します。

荒川車庫にて、出庫前です。奥は7010です。

Fh01002512
こちらは入庫シーンです。

Fh01002411

2012年2月20日 (月)

8500形登場の頃(その9)

今日は8503の紹介です。

荒川車庫の出発シーン、就役初日です。

Fh0700172

車内の様子、クロスシート主体です。

Fh0700193

車内の出口上のLED表示です。

Fh0700202

ツーハンドルのマスコンです。

Fh0700182

カニですか?運転手さん、それはないんじゃない?

Fh0700212

荒川車庫前にて(別の日です)。

Fh0100212

入庫シーンです。

Fh0100222

Fh0100232




2012年2月19日 (日)

8500形登場の頃(その8)

今日は8502号車就役の日の乗車リポートです。

まずは荒川車庫出庫前の様子から。8502には貸切として先ほどの小学生が乗り込んだようです。

Fh0700152

ヘッドマークが白飛びして見えなかったと思いますので掲載しておきます。

Fh0500142

こちらは側面の車番標記です。

Fh0700252

職員に見送られて本線へ。

Fh0700162

車内はロングシート主体です。

Fh0700233

王子駅前電停には、乗車方法変更のお知らせが出ていました。

Fh070024


2012年2月18日 (土)

8500形登場の頃(その7)

今日は荒川車庫で行われた8502、8503の発車式の模様をお届けします。

発車式と記念乗車券の案内です。

Fh0700222

荒川電車営業所に掲げられた横断幕です。記念乗車券の発売準備中のようです。

Fh0700132_2

発車式の始まる前の様子です。

Fh0700142_2

交通局の方のあいさつです。

Fh0500152_2

小学生といっしょにテープカットです。

Fh0500162_2

続いて花束の贈呈です。

Fh0500202_2

例によって記念撮影です。続きは明日お届けします。

Fh0700122_2

2012年2月17日 (金)

8500形登場の頃(その6)

本日はツーハンドルマスコンに改造後の8501です。

これは貴重なショット、8502、8503がまだ就役前でイチョウマークもついていません。

荒川車庫にて(敷地外から撮影)。

000084_23

こちらは都政50周年のヘッドマークつき。荒川車庫にて、左から7520、8501、6152です。

Fh01001912

飛鳥山にて。こちらも都政50周年のときです。

Fh0100172

上の写真の左端にあるログハウスは首都高速王子線のインフォメーションセンターです。工事期間中のみ飛鳥山公園内に開設されていました。

000077

Fh010021

2012年2月16日 (木)

8500形登場の頃(その5)

今日は「ワンハンドルさようなら運行」(92/3/1)の模様です。扱いにくいと乗務員に不評なワンハンドルマスコンの8501は稼働率も低く、登場から2年弱でツーハンドルマスコンに改造されることになりました。

荒川車庫で出発前の様子です。こちらはポスターでネットのない時代の貴重な情報源でした。

000099_22

ここまで立ち入ることができました。今では考えられませんね。後ろは7504です。

0001132

6152と並ぶ。ワンハンドル最後の乗務に先立ち記念撮影でしょうか。

0001012

0001022

左から7025、8501、6152です。

000100_22

宮ノ前付近を走行中です。6152が続行運転しています。

0000882

こちらは運行終了後、入庫するところです。

0000842

2012年2月15日 (水)

8500形登場の頃(その4)

今日もワンハンドル時代の8501です。

熊野前~宮ノ前にて。

Fh0100193

次の二枚は飛鳥山で撮影しました。

Fh0100263

Fh0100283

これがワンハンドルマスコンです。

000098_23


2012年2月14日 (火)

8500形登場の頃(その3)

今日はワンハンドル時代の8501をお届けします。

荒川車庫で7510、7506と並ぶ。

Fh0200303

荒川車庫前で7024と。

Fh0200323

こちらも荒川車庫前です。

Fh0200333

8500形のモニュメントの背後に7000形(車番不明)。8501と絡めて撮影すればよかったのですが、8501は当時撮影チャンスが限られており、もったいなくてこういう撮り方はできませんでした。

Fh0200343

2012年2月13日 (月)

8500形登場の頃(その2)

今日は発車式のあと乗車したときの模様です。車庫の構内から特設のステップを上がり試運転扱いの車両に無料で乗車させてくれました。車内は混み合っていたので撮影できませんでしたが、アルナ工機の技術系の社員の方が運転台のすぐ後ろで機器の作動状況をチェックしていました(ヲタの質問にもよく答えていたのを覚えています)。

こちらは三ノ輪橋で折り返しの待機中です。

Fh0300102

ヘッドマークです。

Fh0300092

側面のLED表示が目新しかったです。

Fh0300182

飛鳥山で撮影した就役初日の8501です。

Fh0300162

Fh0300172

2012年2月12日 (日)

8500形登場の頃

今日は8501号発車式の模様をお届けします。

荒川車庫における式典の様子です。

Fh0200292

今だったらフェンスの外から見物となるのでしょうが、当時はのんびりしたものでした。

そもそも入口の鉄柵はなかったような気もします。

Fh02003012

当時の交通局長越智氏のあいさつです。

Fh0200312

ミス東京(今もあるのか?)から花束贈呈です。ネガが退色しておりすみません。

Fh0300012

乗務員の記念撮影です。

Fh0300022

続いてテープカットです。地元の小学生でしょうか。

Fh0300032

こちらは地元の小学生とお母さんでしょうか。

Fh0300062

こちらは交通局関係者の記念撮影です。

Fh0300072


ミス東京さん、お元気ですか。

Fh0300082





2012年2月11日 (土)

都電ギャラリー’92(その3)

今日は8503をお届けします。一枚だけになります。

宮ノ前で撮影です。

0000022

ポスターです。こういうものしか情報源がありませんでした。

0001412


2012年2月10日 (金)

都電ギャラリー’92(その2)

92/9/21撮影分です。今日は8502号を紹介します。

三ノ輪橋の降車停留所です。

0000072

宮ノ前です。

0000302

0000282

梶原でも撮影しました。

0000062

0000412

梶原電停は売店と一体になっためずらしいものです。

000040_23

近くには都電もなかで有名な「明美」があります(王子駅前電停の広告です)。

Fh0100123

当時、梶原電停の近くで見つけた看板。どこがおかしいか考えてみましょう。

000043_23

2012年2月 9日 (木)

都電ギャラリー’92

本日から都電ギヤラリー’92を数回に分けてお届けします。

今日は8501号です。撮影は92/9/21です。

荒川車庫にて7001、7017とともに。

0000042

向原~大塚駅前間の坂を下る。

0000252

0000242

宮ノ前にて

0000322

0000312



2012年2月 8日 (水)

都電ギャラリー’91(その2)

91/12/1撮影の都電ギャラリー’91です。今回は荒川車庫で撮影しました。

7004との並びです。

0000942

出発待機中。

0000952

8500形のモニュメントとともに。

0000962

入庫するところです。

0001002

0000972

0000992






2012年2月 7日 (火)

都電ギャラリー’91

今日は都電ギャラリー’91を紹介します。

飛鳥山での撮影分をまとめて掲載します。車両は8501です。撮影は91/9/20です。

歩道橋から王子方向を見る。

Fh0200162

こちらは飛鳥山電停です。停留所の標識がなつかしい。

Fh0200182

こちらも同じ場所です。歩道橋がこの位置にあった時しか撮影できないアングルです。

Fh0200192

今度は地上に降りて撮影。江ノ電沿線でもないのにサーファーが登場。

Fh0200222

同じ場所です。

Fh0200232

王子方面へ過ぎ去って行きました。

Fh0200242






2012年2月 6日 (月)

都電ギャラリー’90

秋の交通安全週間に走る、車内に小学生の絵を展示する電車と、毎年秋に開催される都電荒川線写真コンテストの優秀作品を車内に展示する電車は、どちらも都電ギャラリーといいます。ギャラリー号はこの年から8501号に代わりました。

三ノ輪橋で撮影した都電ギャラリー’90です。

Fh0200123

Fh0200142

手前はもと2つあった乗り場の跡で、レールを掘り出しているところです。

Fh0200152

2012年2月 5日 (日)

都電ギャラリー’89

87,88年の都電ギャラリーが派手な装飾を付けていたのに対し、89年はベッドマークのみ、しかもそれも前年のものを一部書き換えただけで使っていました。拍子抜けした感じがし、荒川車庫前で撮影し終了しました。

Fh0100203

Fh0100212


2012年2月 4日 (土)

’87 「ハチ公物語」の東京市電

映画「ハチ公物語」のキャプチャー画像です。映画のために市電3000形が1両レプリカですがつくられ、後に公開された「帝都物語」でももう1両がつくられました。「帝都物語」では劇中でそのうちの1両が爆破され、残った1両は恵比寿か代官山で「帝都軒」というレストランの店先に展示されました。しかしそれも短期間で閉店し、撤去されたとのことです。市電は渋谷ハチ公前広場に発着していたのですから、青ガエルではなく、市電のレプリカを展示してほしいところです。なお、ハチ公は死後剥製にされ、上野の国立科学博物館に展示されています。その写真を見せてもらったことがあるのですが、ソフトバンクの犬かと思ってしまいました。

Fh0300152
Fh0300162_2

Fh0300182

Fh0300192

Fh0300202

Fh0300212

Fh0300222

Fh0300232

Fh0300252

Fh0300262

Fh0300272








2012年2月 3日 (金)

’96 都電85周年記念装飾電車

85周年という中途半端な区切りのためか、装飾が相当ショボかったので、これだけしか撮影していません。

荒川車庫で出発前の様子です。

Fh0400142

奥に飾りを付けた7500形が待機しています。

Fh0400152

7515と並んだところです。肝心の車号を記録していませんでした。

Fh0400163

2012年2月 2日 (木)

’91 都営交通80周年装飾電車(その8)

シリーズの最終回は飛鳥山での撮影分です。

ピントが甘かったりしてあまりいい画像ではありませんがご容赦ください。

当時は首都高王子線の工事と飛鳥山公園の改修工事の関係で歩道橋が移設されており、見栄えが悪くなっていました。

Img01472

こちらは飛鳥山電停です。

Fh0000242

こちらは一枚目と同じアングルです。

Img01482

2012年2月 1日 (水)

’91 都営交通80周年装飾電車(その7)

三ノ輪橋電停の最後を飾るのは8501です。

7518も追いかけてきました。

Fh0000672

折り返し待機中です。

Fh0000232

7518の側面に電飾が反射しています。

Img01462



« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト