« 8500形登場の頃 | トップページ | 8500形登場の頃(その3) »

2012年2月13日 (月)

8500形登場の頃(その2)

今日は発車式のあと乗車したときの模様です。車庫の構内から特設のステップを上がり試運転扱いの車両に無料で乗車させてくれました。車内は混み合っていたので撮影できませんでしたが、アルナ工機の技術系の社員の方が運転台のすぐ後ろで機器の作動状況をチェックしていました(ヲタの質問にもよく答えていたのを覚えています)。

こちらは三ノ輪橋で折り返しの待機中です。

Fh0300102

ヘッドマークです。

Fh0300092

側面のLED表示が目新しかったです。

Fh0300182

飛鳥山で撮影した就役初日の8501です。

Fh0300162

Fh0300172

« 8500形登場の頃 | トップページ | 8500形登場の頃(その3) »

都電荒川腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1604191/44095569

この記事へのトラックバック一覧です: 8500形登場の頃(その2):

« 8500形登場の頃 | トップページ | 8500形登場の頃(その3) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト