« アスファルトを剥がしてみると… | トップページ | ’96 日本鉄道模型ショウ »

2012年3月15日 (木)

アスファルトを剥がしてみると…(その2)

大塚駅前電停の南側は以前アスファルト敷きでした。専用軌道でアスファルト敷きになっているというのはたいてい理由があるものです。新庚申塚の変電所への作業車乗り入れと同様に、この付近も保守点検用の車が乗り入れるためアスファルト敷きになっていたのでしょう。

だとするとアスファルト敷きをやめた理由はなんだったのか。

アスファルトを剥がすための切込みがすでに入れられています。しかし前方の三菱銀行はなつかしいですね。

0000723

ここはすでに剥がし終わったようです。

0000713

これは廃線跡ではありません。こんな軌道でも運行中です。

0000703

車の通行が頻繁なところは軌道が痛みます。踏切部によく使われている強化型の軌道とも言うべきものに順次置き換えられていました。それにしても前方のam.pmはもう全国から撤退しています。業界再編の波はすさまじい(学習院下~面影橋の高戸橋交差点にて。車両は7513です)。

Fh0300243

« アスファルトを剥がしてみると… | トップページ | ’96 日本鉄道模型ショウ »

都電荒川腺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1604191/44498634

この記事へのトラックバック一覧です: アスファルトを剥がしてみると…(その2):

« アスファルトを剥がしてみると… | トップページ | ’96 日本鉄道模型ショウ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト