« 都電の工事看板 | トップページ | ’98 都電の廃線跡(13系統) »

2012年4月30日 (月)

交通博物館、江戸東京博物館、逓信総合博物館など

東京には都電の博物館がありません。交通博物館、地下鉄博物館はあっても路面電車のまとまった展示は見ることが出来ません。

交通博物館においても路面電車の展示はほとんどなく、さびしい限りでした。

期間限定の展示で見ることが出来たのがこの系統板です。

Fh0200042

数少ない常設展示のトロリーポールです。N電か京福電鉄のものと思われます。

Fh0200162

こちらはN電の台車です。

Fh0200152

Fh0200142

江戸東京博物館も路面電車には冷淡な博物館です。明治以降の東京の町並みに欠かせない存在であった路面電車については全く解説が見られません。

解説の一文くらいほしいところです。

Fh0700142

Fh0700152

昭和40年代によく見かけた電話ボックスです。逓信総合博物館にあります。外から内側が見えにくいため浮浪者の住処になることもあり、昭和50年頃には透明ガラス張りの現行タイプに取って代わられました。

Fh0200082

Nゲージショウでおなじみの銀座松屋の地下入口手前にある共同溝の覗き窓です。銀座通りから都電を撤去したときレールを土留めに再利用しているそうです。覗いてもよくわかりませんが参考に紹介しました。

Fh0300292

« 都電の工事看板 | トップページ | ’98 都電の廃線跡(13系統) »

都電ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1604191/45075492

この記事へのトラックバック一覧です: 交通博物館、江戸東京博物館、逓信総合博物館など:

« 都電の工事看板 | トップページ | ’98 都電の廃線跡(13系統) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト