« ’94,’96 電停ウォッチング(早稲田 その3) | トップページ | 電停標識のレプリカ »

2012年4月25日 (水)

’94 都電の架線柱(数寄屋橋、日比谷)

都電の廃止後も信号柱と共用されていたなどの事情で架線柱が残っていた場合もありました。

こちらは数寄屋橋にあった架線柱です。

Fh0300242

Fh0400042

こちらはガードの反対側、日比谷の電停があった周辺です。

Fh0300252

Fh0300262

かつて青梅街道の14系統が走っていた沿線の新高円寺駅前には鉄骨製の架線柱が信号柱として昭和50年頃まで残っていました(写真は笹塚あたりで見つけたもので都電の架線柱ではありません)。

Fh01000632

« ’94,’96 電停ウォッチング(早稲田 その3) | トップページ | 電停標識のレプリカ »

都電ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1604191/45015755

この記事へのトラックバック一覧です: ’94 都電の架線柱(数寄屋橋、日比谷):

« ’94,’96 電停ウォッチング(早稲田 その3) | トップページ | 電停標識のレプリカ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト