都電荒川腺

2012年5月18日 (金)

’91 都電の廃線跡(芝浦工場引込線 その3)

近くにあるオンワードで展示即売会などがある時に、各営業所所属の都バスが来場者輸送のために集結しました。まるで都バスの秘密基地のようでした。

000087

000088

000089

明日も船路橋の特集です。

2012年5月 9日 (水)

’91,’94,’96 都電の廃線跡(25系統)

今日は日比谷~西荒川間を結んでいた25系統です。

こちらは日比谷の三信ビル(解体済)横、折り返しの引込み線があった場所です。

Fh0300272

途中、錦糸町駅前には錦糸掘車庫がありました。現在、丸井が建っている場所です。

ラッピング広告の始まるはるか前、都バスにギャラリーバスが登場、めずらしいものだったので撮影してみました。

Fh0400021

Fh0400011

Fh030012

Fh030013

錦糸掘交差点は活気のある交差点です。

錦糸町という街自体がひとつの地方都市という感じがします。

広島みたいに路面電車を残しておいてほしかったと思います。

Fh000019

地下鉄半蔵門線の看板が登場しても、錦糸町に地下鉄が開通するとはなかなか信じられませんでした。

Fh000020_2

続きは明日掲載いたします。

2012年4月24日 (火)

’94,’96 電停ウォッチング(早稲田 その3)

リニューアル工事の完成直後の様子です。

Fh0200263

早くも放置自転車がぎっしり。なかなかきれいに使ってはもらえません。

道路の中央をここまで占有できるのなら、条件は一緒なのですから江戸川橋まで復活してほしいところです。

Fh0200273

地下鉄のホーム並みにきれいになりました。なお、この7021は豊橋鉄道豊橋市内線3504になりました。

Fh0200293

こちらは終端側を見たところです。

Fh0200303

これは駅名表示。非常に立派です。

Fh0100073

沿線案内です。

Fh0200283

2012年4月23日 (月)

’94 電停ウォッチング(早稲田 その2)

ホーム嵩上げ、屋根の改修中の早稲田電停です。

この改修工事によって現在の姿になりました。

Fh0500143

まだ電停名も表示されていません。

Fh0500153

乗車ホーム側が若干広いようです。

Fh0500163


Fh0500173

Fh0500183

工事のお知らせです。

Fh0500193

2012年4月22日 (日)

’90,’93 電停ウォッチング(早稲田)

早稲田の降車ホームが狭すぎたので改良工事が行われました。

こちらは改修前の様子です。

Fh0100013

改修工事のお知らせです。

Fh0500013

このように降車、乗車ホームが同じ幅になりました。電停脇の協和銀行はこの頃あさひ銀行に変わっていました。

Fh0400153

軌道移設により広くなった降車ホーム。

Fh0400163

本格的なリニューアル工事はさらに翌年まで待つことになります。

Fh0500023

2012年4月21日 (土)

’96,’97 電停ウォッチング(鬼子母神前~学習院下)

千登世橋からの風景です。

鬼子母神前の方向を見たところですが、こんなに緑があったのですね。

Fh0000133

現在は石垣も半分くらい崩されてしまいました。

Fh0300033

よく読めなくなっていますが、千登世橋の由来が書いてありました。

Fh0300023

坂を下り千登世小橋をくぐろうとする8501。

Fh0000093

学習院下寄りは道路工事の影響を受けないと思っていましたが、環5の1地下道路の建設工事の事業範囲に含まれたため、ここも風情が失われることになりそうです。

Fh0000103

坂を上り鬼子母神前へ向かう7515。

Fh0000113

同じ場所から7010。

Fh0000123

こちら側の風景が道路工事でどう変わるのでしょうか。車両は8502です。

Fh0300013

昭和20年代後半と思われる学習院下の写真。鉄道写真の通信販売で購入しました。

Fh0300082

2012年4月20日 (金)

’96,’97 電停ウォッチング(鬼子母神前)

今では撮影当時の面影もなくなった鬼子母神前界隈です。

このようなのどかな風景はもう見られません。

Fh0000163

左側の家屋と踏切は今はありません。

Fh0000153

上の写真の踏切から撮影。今はこの場所からの撮影は不可能です。

Fh0300233

こんな看板が出ていました。

Fh0000143

2012年4月19日 (木)

’89,’96,’97 電停ウォッチング(雑司ヶ谷~鬼子母神前)

今では立ちのきが完了した雑司ヶ谷~鬼子母神前間です。

向こう側が雑司ヶ谷電停ですが、両側の家屋はもう何もありません。

Fh0000203

こちらは鬼子母神前方向を見たところです。やはり両側の家屋はなくりました。

Fh0000193

「水もれ甲介」のガードですが、今は閉鎖されています。

Fh0300193

ガードを渡り早稲田へ向かう7001。

Fh0400243_2

この場所は今ではサンシャインの右側に同じくらいの量感で高層マンションが写りこみ絵になりません。

Fh0000173

ガレージの出し入れ専用の踏切がありました。この家ももうありません。

Fh0300203

個人専用踏切を通過する7008。

Fh0300213_2


このように、この家に出入りするのには踏切が必要です。

Fh0300223

2012年4月18日 (水)

’97 電停ウォッチング(東池袋四丁目~雑司ヶ谷~鬼子母神前)

東池袋四丁目~鬼子母神前も大きく変わりました。いずれ、都電荒川線のほとんどの区間で、両側に道路が張り付くようになることでしょう。

今日はサンシャイン60展望室からの写真を掲載します。

Fh0300043

Fh0300053

Fh0300093

Fh0300103

Fh0300113

Fh0300123

Fh0300133

Fh0300143

Fh0300153

2012年4月17日 (火)

’96 電停ウォッチング(雑司ヶ谷)

東池袋四丁目~雑司ヶ谷間も道路計画があるのですが、立ちのきはごく一部しか行われていません。しかし、いずれは線路の両側の家屋もなくなることでしょう。

「試運転」の幕を出した8502です。

Fh0000213

三ノ輪橋行きの7008です。

Fh0000223

手前はツーマン時代の低いホームです。左右の建物はなくなりました。

Fh0200143

雑司ヶ谷~鬼子母神前間の踏切より。今もサンシャイン60は見えますが、隣接地に高層マンションが建ち、サンシャインよりも目立ちすぎて絵になりません。なお、両側の家々はすべてなくなりました。

Fh0000183

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

お気に入りのサイト